(うつや美肌に!)魔法みたいなサプリメント見つけたよ!ナイアシン

投稿日: 作成者: Tres Chic
Home > Health > (うつや美肌に!)魔法みたいなサプリメント見つけたよ!ナイアシン

(うつや美肌に!)魔法みたいなサプリメント見つけたよ!ナイアシン

少し前、iherbを見ていたら、ふとあるサプリが関連商品に出てきました。Niacin ・・・って聞いた事あるけど、具体的になんだっけ?どんな効果があるの?とレビューを見てみたら、やたらと「ナイアシンフラッシュ」という知らないワードが連呼されている!しかもみなさんそれが起こるのを楽しみにしている模様。。。どうゆうこと?

調べてみるとなんと!冷え性やアレルギーなど体質改善から不安や鬱などのメンタル系まで、ほぼすべての人間が感じるであろう不快症状に効果があるっぽいことが愛用者のアツい口コミから判明しました。


この本で紹介されたのがブームの火付け役だったみたいです。

created by Rinker



特に今の時期、冬場は寒くてカラダはガチガチだし、日照時間の少なさから気分もふさぎがち。。生理前はさらにうつうつとしちゃうし、、私はこの自然の万能薬( 正式にはサプリメント )をとにもかくにも試したくて、鬼検索ののちオーダー。

現時点でこのサプリを飲み始めて1か月くらいですが、結論から言うと素晴らしいです。サプリメントでこんなに効果を感じたことは初めてかも!

サプリなのでもちろん害もないのですが、ちょっとクセモノではありますので、そこ含めたモロモロを私の経験交えて、シェアさせていただきます!!

魔法みたいなサプリメント見つけたよ!ナイアシン

ナイアシンとは

Niacinとは水溶性ビタミンの一つでビタミンB3のこと。
B1、B2、B12、葉酸、ナイアシンとビオチン、パントテン酸という8種類から成るビタミンB群の中で、脂肪や糖質を燃やしてエネルギーを作り出すのに需要な役割をします。
キノコ類や魚介類(特に魚)、お肉、豆類、穀物など幅広い食品に含まれています。
体に不足すると、食欲不振や消化不良、重症化すると皮膚病や脳神経にも影響し認知症などのなることもあるそう(こわい)

現代の私たちの食事で、過剰摂取することも重度の欠乏症になることもなさそうなんだけれど、このナイアシンを摂取、しかも大量摂取(メガ飲みと言ったりします)することでナイアシンフラッシュが起こるといわれています。

ナイアシンフラッシュとは?

100㎎くらいの大量のナイアシンを摂取した際に起こる症状。

だいたい摂取の10~1時間くらいで体が火照りや灼熱感を感じたり、皮膚に蕁麻疹に似た発疹のようなものが痒みとして出ます。症状が出てから1時間くらいで治まりますが、人とその時の状態によって症状の出方は変わります。

フラッシュする仕組みとして、体内に貯蔵されているアレルギーの原因物質であるヒスタミンを放出し、血液に流れ出すから。

ヒスタミンは蓄積されるものなのでこれが体外に放出されると、花粉症などのアレルギー症状が緩和され、放出し続けることでヒスタミンを枯渇させ、完治に近いレベルまで行ける可能でもあるとか!(すご!)

フラッシュが起こりやすい条件は空腹時とお湯で飲むこと(メモメモ)

フラッシュが起こることを知らないでナイアシンを大量摂取してしまった際には、とても驚くことになると思います。

どこで買えるの?

日本のドラッグストアで販売しているビタミンBサプリはナイアシンの含有量が10mg~20㎎くらいがほとんどです。フラッシュが起こるのがだいたい100mgくらいからなので、海外のメーカーのものをネットで購入するか、個人輸入しましょう。
私はiherbで注文している間に待てなくて(せっかち笑)Amazonで買っちゃいました。高くついたけれど、まったく後悔していません。そのくらい効果があったから!

私が購入したのはSOLARAYの100mgと500mg
特に最初は100mgで量を調整し様子見しながら飲んでいくのをオススメします。


なお、ナイアシンアミドという名前のものやノンフラッシュナイアシンで販売されているものはフラッシュが起こらないです。


試しました!

初日

AM100mg x 4 PM100mg x 5 空腹時・お湯で

前日の夕食をスキップした空腹状態で、朝からお湯で摂取! ドキドキ
トータルで4粒ほど飲み、15分くらいで体が熱く!鏡をみてビックリ。顔と鎖骨あたりがまるで酔っ払いみたいな蕁麻疹のような、赤くなっています。
洋服脱いでまで確認しなかったのですが、体の他の部分も赤くなっていたと思います。耳は真っ赤で実際熱く、もし何も知らないでいたら救急車呼ぶレベル!
この時は皮膚の灼熱感と多少のピリピリ感はあったものの痒みはなし。
花粉症の時のようなさらさらの鼻水が出ました。

嬉しかったのか、早くも効果が出たのか、気分がよく気持ちも前向きに!

夜も空腹時状態で100mg x 5粒。初日から強気ですが、いいのです。
夜もフラッシュが起きました。

冷え性で、特に冬の間は末端が冷え切っているのですが、手足の指まであったまるのを実感。これはスゴイ!と感動の初日。

2日目〜1週間

600mg~900mg/日 朝・昼・夜の3回空腹時・お湯で

15分くらいで全身が熱くなってフラッシュするのが嬉しい。
全身チェックしたら、太ももの内側がフラッシュしてる!熱も感じる。
痒みはなし。
急激にフラッシュすると、頭がぼーっとして眠気が出ることがあった(即寝た)
また、軽い頭痛とだるさもあって、少し寝すぎなんじゃ?と思うくらい寝てた事も。
メンタル面ではよかったが、体のだるさのほうが強め。

とてもうれしく感じたのがお肌に効果があった!血流がよくなったことからか、なんというか肌がパーンと張って、ツヤがある感じ。高級美容液使うよりこっちのほうがいいのでは!?と思うほど!

2週目

1500㎎/日  1日2-3回空腹時お湯で。
フラッシュする。ここで問題が!痒みがひどいのだ。フラッシュしてない時でもとにかくフラッシュした箇所がかゆい!ずっとじゃないけど、突然狂った様に痒みが来ることも!!(涙)さらに、とても気になったのが、肌の乾燥 。かゆくてかき続けた場所が乾燥し荒れるのはモチロンだけど、特に手の甲・足の甲。末端の血流が良くなる!と喜んでいたが、逆に乾燥というデメリットがあるのか??とにかく水分がない感じなんですよね。なんか冬場だから乾燥しているとかいう感じでもない内面からカラカラな感じ。肌が砂漠状態のカラカラ。
掻きむしった場所は荒れて、たまに血がでるという最悪の事態に。両手の内側に至っては、かきすぎて水ぶくれの様な状態に(泣)

フラッシュする場所が変わってきた。当初の様な顔や鎖骨周辺にはさほど出なくなった。内もも(かゆい)は相変わらず。不思議な事にブラの肩ストラップの位置にくっきりとフラッシュし、まるでキャミソールを着ているかのように赤く。なんでー?と思ってたんだけど、要は下着の締め付けが激しいところにヒスタミンが溜まっていたのかな、と。 ここの部分はなぜかフラッシュしていないときにもうっすらと跡がのこるように。

3週目~現在

1500〜3000mg/日 2-3回空腹時や食間にお湯や水で。

痒み問題が徐々に鎮静化してきたらここにきてフラッシュしなくなってしまった。。。空腹、食後変わらずである。
フラッシュしやすい様に、1日おきに摂取するという方法も取り入れてみたものの、大きな変化はなくほとんどフラッシュしない状態に、、、ツマラナイ寂しい。そして当初感じてた様な、敢えて不安になろうとしてもなれない! みたいなのは残念ながら消えてしまい、所々くよくよと落ち込む事があった。ビギナーズハイなるものがあるのだろうか?
私は冬季うつ傾向があって、特に仮眠の症状が強く出る&前週までの好転反応的な、だる眠い状態からむしろ逆の、やたら目がさえるという状態に。かといって、やる気にみなぎっていた訳でもなく、体とアタマさえてるけどやる気はなく、あー暇。と思いながらだらだらユーチューブみたり。

がしかし!トータルで見るとやはり不安になる頻度は減ったし、たとえ不安になったり落ち込んだりしても切り替えも早くなった気がする。

現在3週目くらいで、ほとんどフラシュしなく摂取したところで何も感じないことのほうが多くなり、寂しい限りです。ただ、まったく効果がないというわけではなく、慣れの問題もあると思われるのでこのまま継続して様子見していこうと思います!
あとは春、花粉症がどれくらい軽減されているのかが楽しみです。

まとめ

良いところ

✔血流がよくなることで、冷え性改善
✔それに伴う、美肌効果・肩こり解消
✔メンタル面に好影響(悩んでも立ち直りや割り切りが早い)
✔サプリメントなので害はない(フラッシュは害ではない)

悪いところ

✔フラッシュが来るとき、外出や人に会う用事があるとビックリされる
✔かゆい。掻いてしまうと当然お肌ダメージがある
✔肌が乾燥する
✔お金がかかる(500mg100カプセルで¥650ほど。一日3000mg摂取するとしたら月1170円。ささいな額だけど、とらえ方は人それぞれなので)


以上まとめましたが、私的にはデメリットをはるかに超えるメリットがあると思うので、引き続き継続しまた経過報告したいと思います!

アイハーブのクーポンコード


アイハーブでお買い物する方はこちらから。あるいは、

NIW526


をお使いいただくと 5%オフ になりますのでよかったらどうぞ。
(私にもリワードあります!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Category
Tags
YouTube