ナイアシンサプリメント 経過報告!アレルギー効果はあったか?

投稿日: 作成者: Tres Chic
Home > Health > ナイアシンサプリメント 経過報告!アレルギー効果はあったか?

以前にもブログに書いたナイアシンのサプリ

端的にナイアシンを説明すると、ビタミンBの一種で通常あらゆる食物から摂取する事が可能、体内で合成可能なビタミンなんだけれど不足する事で皮膚病や様々な不調を引き起こしてしまう、、そして不思議な事に大量投与する事で鬱や不安などの精神疾患や高血圧などにも効果があると一部の研究者が唱えているものなのです。


前回の記事にもナイアシンとは?について書いてあるので気になる方はご一読頂けますと幸いです!


ナイアシン 経過報告


ナイアシンフラッシュ


ナイアシンのサプリメントを摂取するにあたって避けて通れないキーワード、

ナイアシンフラッシュ

ナイアシンを大量摂取すると数分後に全身が赤く紅潮し、まるで蕁麻疹かのような赤みとピリピリした痛みや痒みがほとんどの場合に起こります。

また体感的に熱くなることも。これは血管拡張によって血流が良くなる事で肌へ赤みが現れるものと言われています。 (薬でないので副作用とは言わない)

これが起こることを知らないと、急なアレルギー症状 (しかもすごい勢い!) が現れたとパニックになるでしょう。(周りも驚く可能性がありますのでご注意を!)


※サプリではフラッシュを起こさないタイプの「ノンフラッシュ」のナイアシンや、効果が弱め故にフラッシュが弱いナイアシンアミドがあります。



アレルギーの改善


断言はできないものの、ナイアシンにてアレルギーが改善されると言われています。
これはアレルギーの元となる体内に貯蔵された ヒスタミンナイアシンフラッシュによって放出し枯渇させる事ができるからだそう。
体内のヒスタミンの量が多い (アレルギーが酷い) 人ほどフラッシュが強烈に起こり、ヒスタミンを枯渇させる事が出来ればフラッシュは起こらなくなるともいわれています。

アレルギーで出た症状を薬で抑える事は対処療法。食事を変えたり体質改善でアレルギー症状を軽減させることは根本療法。ナイアシンサプリは後者に当たります。まさかサプリメントで体質改善ができるとはなんとも嬉しい!!


なぜ医学的に認められていないのか。


なんでこんなにも凄いサプリメント(栄養素と言うべきでしょうか)があらゆる病気に効果的と医学的に認知され治療に活かされていないのか? について正確な事はわからないのですが、諸説ある中で最も多く聞くのは
『 たかだかビタミンサプリであらゆる病気が治ってしまったら、製薬会社や医者が儲からなくなるでしょ? 』的な 陰 謀 論

結局、何が本当かなんてわからない。けれど、個人的には前述の通り「たかだかサプリメント」しかももともと体内にあるビタミンで基本的に体には無害なもの。

薬の服用は副作用や依存が気になるわって方もサプリメントなら気軽にトライできるし合わないなと思ったらやめちゃえばいいだけ!なのでおススメしたい!


※ビタミンメガ飲みのデメリットとして肝臓の負担があると言われていますが、肝臓が弱い・病気の方でなければさほど問題ないと思われます。ナイアシン(ビタミンB3)はビタミンCと同じく水溶性なので大量に飲んでも体から排出されるので、脂溶性ビタミンと違い身体に溜まって毒になる事はないとされていますが、持病をお持ちの方や心配な方は専門機関や医師へご相談くださいね。

前回の記事では摂取開始から1ヶ月くらいまでのレポートでしたが、今回はその続きで1ヶ月後から2ヶ月後のレポートです。



2ヶ月目以降のレポート


摂取量・方法

アイハーブで買ったナイアシンのサプリメント



✔︎ 500mg x 2-3 (1000mg-1500mg/日)

✔︎ 朝のみ(1日1回) 空腹状態で水またはお湯で

✔︎ 一緒に取ると効果的!と聞いてビタミンCサプリも一緒に

アイハーブで買ったビタミンCサリメント


1ヶ月までの間は 500mg から増量し続け 最大3000mgを 一日で摂取していたものの、朝だけでこの量となった。というのは前回の記事にも書いたが徐々にフラッシュしにくくなったから。

フラッシュするから効果が高いのか否かは不確かなものの、個人的にフラッシュした方が ヤッテル感 が感じられるのでできる事ならしたい!させたい!!嬉しい!(?) そしてやはり空腹状態でないとフラッシュしづらいので食事の間で空腹時を狙うとなると朝が一番やりやすいというのも朝の理由に。


基本朝 500mg x 2カプセル でたまに 3カプセル、一度だけ 4カプセル にしたのですが、ある一定量以上は量を増やしてもフラッシュをたくさんする訳ではなかった


それより空腹状態で白湯で飲む事の方がフラッシュしやすくなると思いました。


フラッシュの状態


しかしながら強烈なフラッシュは前期間に比べてとても少なく数える程しかなく、基本は首やデコルテ周辺、耳が赤くなり、顔は少しピリピリするくらいの感じ。前は顔も真っ赤になったんだけど。

寒い時期なこともあり身体の反応はそこまで注意深く観察していなかったけれど、体感として熱いとかなかったので反応が薄かったのかなと思っています。

灼熱感も以前ほどなく、それによる障害などは一切なし。以前は末端がポカポカするのを実感できたし首の後ろや頭も熱くなったり、ぼーっとする事すらあったので、逆に寂しいくらいである。。



皮膚の痒み


不思議な事に痒みを感じることはほとんど無くなりました。以前の様に肌を掻きむしることがなくなり摩擦による肌荒れがなくなった!

以前は血が出るくらい掻いてしまい辛かったので無くなったのは良い事だけど、フラッシュが少なくなったことも関係しているのかな?? 末端のヒスタミンが枯渇したなら嬉しい限りなんだけどな。


花粉症への効果は?


上記で説明した様に、ナイアシンが『 体内に貯蔵されたアレルギーの原因となるヒスタミンを放出する 』事でアレルギー症状の改善が見受けられ、重度の花粉症が軽減された!なんなら完治した!!みたいな期待高まるお声 (レビュー) が多くあった為、今年の花粉シーズンはどう出るのか!(症状が) 出ないのか???と反応が気になってわくわくしていたのですが、結果から言いますと例年通りの花粉症状が出ています!(涙声)

2020年春、花粉なのか大気汚染なのか、結構強めじゃないですか?
私は元々重度という訳ではないのですが今まではそこそこ全身痒くて地味に辛く最悪微熱が出たりしてました。
数年前に鼻腔内の粘膜をレーザーで焼く手術をしまして(痛かった〜) これにより花粉シーズンどころか一年中うっすらと鼻が垂れる身体になりました (え?w)
薬飲めば割とピタっと症状が治るくらいのレベルなんで軽い方と自覚しているのですが、今年も薬は必要

ナイアシン効果でアレルギー薬も要らなくなるのかなと夢見ていたのでちょっと残念に感じましたが仕方ないですね〜。

花粉症にお悩みの方が多いと思いますので結果を出して(!?)

「このサプリすっごい効くよ〜!!」ってドヤりたかったーー

今はしょんぼり顔で、、、いや、個体差があると信じたい。もしくは今年は相場が悪かった (花粉が強かった) だけかもだしね!


私は秋にもアレルギーが出がちなので (イネ科) 引き続きウォッチングしときます。


肌が乾燥する!


相変わらず肌の乾燥は否めません。
しかしこれは慣れなのか何なのか、前期間では一番酷く乾燥を感じていた手の甲や足についてはほとんど感じなくなりました。
季節柄 乾燥してることはしてるのですが、前のように皮ムケするほどではないです。

逆にツヤっとした!と言っていた顔の皮膚は 盛大にカサカサ(号泣)。

コレもナイアシンだけのせいとは言い難いんですが今までここまで酷かった事もなく、関連性が高いのかもと。

とはいえ、季節柄 春は肌が不安定になりがちですし、、加齢も大いにあるのかも(震え声) なのでナイアシンだけを責める事は断じて出来ない。

こちらも引き続きウォッチング対象!!



アタマ冴えてる!不意な眠気なし


私は元々睡眠時間が長い方で毎日タップリ寝ているのと体調の影響も少なからずあるとは思いますが、起きている間は無駄に眠くなったりダルくなったりしなかった気がします!

これは前回も感じた事として書いたのですが、このサプリを飲み始めの頃はフラッシュも強烈なものが多くそれ故に急な眠気が襲ってきて爆睡したりしていましたが、徐々に慣れて、起きている時のアタマが冴えている感じがしたのです。 (意識がはっきりしているだけで考えが冴える訳ではない私の場合は。残念ながら)

しかしながらやる気が出たかというとそうでもなかった。あー暇だな。と思いながら何もしない事とかあった。多々あった。・・・もはやここらへんはサプリメント云々ではなく個体の問題かもしれない。。ごめん。猛省。きちんとした人々ならこういった時間を持て余す事なく学習や自己研鑽、はたまたエンタメなどで自分を悦ばせる時間に充て有意義な時間にできるだろうと思った。



メンタル面への影響


このサプリを摂り出した頃、とっても精神的にポジティブになった。急変化すぎて驚いたくらいだったが、そもそも当時は通常よりマイナスの所に居がちだった事もあり、このサプリを飲み始めて感じられる変化、落ちこもうとしても落ち込めないくらいのポジティブメンタリティになったというファクトは、このサプリあってこそのものだ!と盲信させたのだった。がしかし今となっては当初の無駄な元気さは 新しいコトを始めた“ハイ” 状態だっただけなのでは?とすら感じている節がある。今はその頃程無駄に前向きな事もなければ 逆に無駄に落ち込む事もあってとにかく悪くはないけど普通〜な感じ。テンション高い訳でもなく、低くも無い。あれ?割といい状態というか最高??!?

※と言いつつ、今現在の私のメンタルを支えてくれるサプリとして 鉄分 推しですらある 笑 (鉄分ほんと大事だからもっと追求して情報シェアしたいと思っている!!)

とはいえ、やはりジックリ考えてみるとナイアシンに救われている所も多々あるのかなと思う。
実際、昔のように漠然とした不安に襲われる事が無くなった
問題点となる根本原因は変わらない、むしろ悪化しているかもしれない!なのにである。
悩む事で考えるべき事が〜などなど精神論あるとは思うが、病む必要は全くないのだ。よって楽観主義は良き事だよね?うん。

不安に再び襲われたとしても、今では「ではどうそれに対処するか」といった建設的な方向へ考えが及ぶようになった気がする。
決断がしやすくなったのかも。
一旦ペンディングで〜みたいなのも含めて。
くよくよしたり悩んで自分で自分の気分害している時間とかまじで要らんし単純にもったいないな〜と思って。

更には、心に余裕が出たかなと思う節もある。前は想定外の出来事が起こるとちょっとした事で狼狽してパニクって感情的になっていた。我ながら恥ずかしい。今は割とドンと構えていられる様になった。「今ここにないモノ(不安とか絶望とか焦りとか怒りの感情など) 持ってても仕方ないしね!」みたいな感じで。

なぜメンタル面でプラスのベネフィットがあると実感しづらくなったのかと自分なりに考えてみると、やっぱり人間の持つ適応能力 (要は慣れ) と奢り (自分の手柄と思いがち) なのかしら。

結論、メンタル面においては何か1つだけが要因と言い切りづらい所があるのですが、トータルで ◯ なら続けてもうちょっと注意深く自分の事を様子見する価値あり、と思っています。


今後の方針


今でだいたい継続3ヶ月目です。今の時期になれば花粉症にどのくらい効果的なのか、自分の身体を持って実験&報告できると思って楽しみにしていたのですが結果は普通に例年と同じようにアレルギー症状が出てしまいましたメンタル面では慣れはあるものの効果を実感しているだけにこの結果は予想外でちょっとがっかり。でも、もともと一番の目的ではないので、まぁ良いでしょう!

またフラッシュが起こった方が効いている気がして、フラッシュを起こりやすい時狙っていたら結果的の全体の摂取量が減ってしまったのだけれど、量を見直そう(増やそう)かなと思います。

あるいは逆に実験的の減らす期間を作る。これは慣れで実感できていない、慣れてしまって忘れている効果を浮き彫りにする目的。

基本的には継続して良い効果があればシェアしたいな〜と思っています。

良い報告ができたら嬉しいな!!


アイハーブのクーポンコード


アイハーブでお買い物する方はこちらから。あるいは、

NIW526


をお使いいただくと 5%オフ になりますのでよかったらどうぞ。
(私にもリワードあります!)





created by Rinker




Category
Tags
YouTube