フランキンセンス(乳香)で浄化!樹脂の焚き方とDIY化粧水の作り方など紹介

投稿日: 作成者: Tres Chic
Home > Lifestyle > フランキンセンス(乳香)で浄化!樹脂の焚き方とDIY化粧水の作り方など紹介
フランキンセンス(乳香)で浄化!樹脂の焚き方とDIY化粧水の作り方など紹介

フランキンセンス(乳香)で浄化!樹脂の焚き方とDIY化粧水の作り方など紹介

先日このブログで取り上げた浄化についての記事にて、ホワイトセージやパロサントのスマッジングやお香を浄化の方法として紹介したのですが、フランキンセンスを入れるの忘れてた!🙄という訳で、精油をインスタ(@treschicnatsu)にポスト👇


(こういう時SNSって便利🤟インスタ(@Treschicnatsu)もよろしくフォロミー)

投稿の2枚目もみて欲しい😘

artnaturals Frankincense


こちらの artnaturals のフランキンセンスオイルはアイハーブで購入したもの。

このブランドのものはアロマオイルに限らず美容液などのスキンケア用品もあり、買いやすいお値段もナイス。あと、パケ?ロゴデザインがカッコイイので好きでだったりもする。そこらへんに無造作に置いておいて萎えるパケとか日用品でもやだよね…スキンケアならなおさら。ビジュアルのときめきも美容のうちだ!という考え😉

さてさてこちらのオイルは100% ピュアナチュラル。合成成分不使用。

フランキンセンス(乳香)で浄化!樹脂の焚き方とDIY化粧水の作り方、フランキンセンスのアロマオイルの使い方などについて語る。


ブランドのおすすめな使い方として書かれているのはまずはディフューザー。疲労や倦怠感軽減。アンチエイジング。DIYとしておすすめされているのが、キャリアーオイルを大さじ1に対して4滴こちらのオイルを混ぜて肌へのマッサージに使う方法。ほとんどのエッセンシャルオイル同様、希釈せずそのまま肌につけるのはNGみたいでこちらも同じ。

あと、フランキンセンスオイル5滴にシナモンのオイル3滴、スイートオレンジ5滴を110ml のスプレーボトルに精製水でボディミストにも!


さらっとしたテクスチャーで肌なじみも良し。べたつきもないからこのままでも使いやすい。

ディフューザーがないよーって場合は、マグカップのお湯に数滴垂らすだけでも熱で香りが拡散されて良し。

Artnaturalsのフランキンセンスは、少しベルガモットの酸味があってより柑橘の爽やかさが前面に出ている雰囲気。個人的に柑橘系が大好きなので、これは嬉しい効果。すごく好きな香りです。ですが、こんなのフランキンセンスじゃない!と思う人もいるかも。そんな人は次に出てくる生活の木の方がおすすめ。

私は化粧水やフェイスクリーム(セラヴィとかシンプルなもの)に2~3滴垂らして混ぜて使うのが大好き!
よりしっとり感が増して潤いが続くと実感。シンプルなセラヴィみたいな無香料なクリームも良い香りに変身できて、特に夜のスキンケアタイムがアロマでリラックス~な癒し時間になるのも最高。


生活の木 フランキンセンス

フランキンセンス(乳香)で浄化!樹脂の焚き方とDIY化粧水の作り方などについて語る。生活の木のアロマオイルの使い方も


生活の木のフランキンセンスオイル。
こちらはArtnaturalsに比べてややまろやか、というか、こちらの方がArtnaturalsより濃厚で甘いフランキンセンスそのものの香り。

さてさて、オイル以外にも樹脂の活用方法を探してていてたどり着いたのが、手作り化粧品。トナーが作れると!

フランキンセンスの化粧水の作り方

作り方は簡単!
精製水にフランキンセンスを一晩漬けておくだけ!
(精製水は化粧品グレードのものを買いました。後で紹介します)

ネットにあるレシピを見ると、精製水やその他水分(グリセリンとか)100mlに対してフランキンセンス樹脂2gとかが多い気がしますが、すごい適当に沢山(多分20gとかw)入れてみました👇


フランキンセンスの化粧水の作り方
フランキンセンスの化粧水の作り方

これはやや濃厚なパート。

フランキンセンスの化粧水の作り方

これは濁っていて、ろ過が足りていなかった😪
こうなるとザラザラした手触りになるだけじゃなく、油膜感で使用感も悪くなる。

フランキンセンスの化粧水の作り方

沈殿するので、使用時はよく振ってから使う。

フランキンセンスの特性として樹脂なので油分が固まるというのがあります。濃度にもよると思うのですが、スプレーボトルだと、すぐに詰まってダメになると聞いてポンプ式にしましたが、ポンプもまぁまぁ詰まります。

これだけ量産できたらボディにもバシャバシャ使いたいところ!なのでスプレーだと便利なんですが。

これは試してだめだったやつ👇


なので最終的には精製水の容器にぶち込むことになりましたw
なんだかんだでこれが一番便利!

化粧水の作り方については、試行錯誤していて、樹脂の量を変えたりオイルを配合したり、熱を加えたりいろいろトライしていてまたベストな方法がわかったらまとめます!

とりあえず、精製水のボトル半分くらいで2か月くらいは痛まずに使えました。




ボトルの裏にマスキングテープに日付を書いて張っておくと、いつ作ったのかわかるのでこうしました。


フランキンセンス自体が自浄作用があるとか、他の手作り化粧品に比べると使用期限は長めですが、やっぱり雑菌がはいったりすると臭くなったりしました。



続いて改善版!
同じくつけ置き式なんですが、なるべく濾す作業を簡略化できないか?ともとからガーゼに来るんで精製水に浸すアイデア🤟


結論、ガーゼに樹脂がへばりつくし、漏れてしまうのもあるるので思ったほど濾せずにざらざらとしたトナーができる。


この後、熱を加え樹脂を溶かす方法も試しましたが、また別の記事で紹介します。



樹脂は乾燥させてまた使える。

フランキンセンスの樹脂を使って化粧水を作る方法

さて、溶け切らなかったものは決して「出がらし」ではない。

溶けていない樹脂(カタマリ)なので、次回に使える。
しかも凄いのが、フランキンセンス自体に殺菌効果があるらしく腐りにくいらしい!とはいえ濡れたまま放置していると色々怖い…ので、すぐに使わない場合は保管のために乾燥させる方が◎。風当たりのよい日陰などに置いておきます。(画像はめちゃくちゃ直射日光だが…)


焚き方


オイルの焚き方はディフューザーが有名だけれど、樹脂も焚けます。
ここで紹介するのは空焚きという方法で、灰と炭を使って熱で香りを拡散させる方法。

フランキンセンスの樹脂の焚き方。

必要なのは、灰と炭と耐熱容器。どちらもホームセンターで買えます。
灰に関しては100均でも買えるし、香炭はアマゾンとかネットでも買えます。

フランキンセンスの樹脂の焚き方。

炭は細かく折れるようになっていて、こちらはこのサイズでだいたい15分の燃焼。
着火するのにキャンドル用のアクセサリーをつかっているけど、ピンセットとかなんでもいいと思う~

フランキンセンスの樹脂の焚き方。

火を着けます!
ひが付いたら灰に半分くらい埋める。

アルミホイルで入れ物を作る

フランキンセンスの樹脂の焚き方。


直接炭に樹脂を乗せない場合、灰が汚れない様に容器をつくるよ!
これは市販のアルミカップとかなんでもいいのだけれど、最もコスパ良くてサイズ調整とか、もろもろ都合よいのがこの方法。しかも簡単!

ここではペリペラのリップを使っているけど、リップクリームでもなんでも、好きな形・サイズなアイテムを!

フランキンセンスの樹脂の焚き方。

完成!

フランキンセンスの樹脂の焚き方。

炭で暖まっている灰に置きます。


フランキンセンスの樹脂の焚き方。

そうするとね、こんな風に溶けて香りがフワ~と広がる。
(炭の上にセージの葉っぱが乗ってるけど😂)


フランキンセンスの樹脂の焚き方。

ちなみに、直接灰に樹脂を乗せる方法。
これもアリなんだけど、これは焦げるし、煙がでます。
逆に煙を出したい時にやるといい方法。
香りを楽しむよりも、儀式的な意味合いで煙を


フランキンセンスの樹脂の焚き方。
フランキンセンスの樹脂の焚き方。

結構モクモクになるので覚悟を!」


フランキンセンスの樹脂はアイハーブで買える!

フランキンセンスの樹脂はアイハーブで買える!

アロマオイル、はわかるとしてアイハーブにいくつか浄化グッズの取り扱いがあります!
以前記事にも書いた、ホワイトセージのスマッジングスティック、もアイハーブで買えます。

フランキンセンスは天然のガム?食べてみた。

フランキンセンス(乳香)の樹脂は食べれるのか?

フランキンセンスの樹脂は天然のもの!樹液、木の油、ですから食べても問題なし!天然のガムともいわれているらしいし、水に溶かして作った化粧水として使っているものも、実は飲んでもいいらしい!なんと😲💥というわけで試しました!ら!‥

マズー!普通に化粧品とか洗剤とか口に入れちゃったみたいな味!w


という訳でやっぱり食用にはしません。

フランキンセンス(乳香)の樹脂は食べれるのか?
フランキンセンスの樹脂はアイハーブで買える!エッセンシャルオイルもアイハーブがおすすめ

アイハーブのクーポンコード


アイハーブでお買い物する方はこちらから。あるいは、

NIW526


をお使いいただくと 5%オフ になりますのでよかったらどうぞ。
(私にもリワードあります!)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Category
Tags
YouTube