Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品レビューも!

投稿日: 作成者: Tres Chic
Home > Beauty > Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品レビューも!
Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品レビューも!

Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品レビューも!

インスタ(@treschicnatsu)に投稿したアメリカのクリーンビューティーブランドSaie(セイ)のSPF入りモイスチャライザー、サンバイザー。言いたいことはそのポストにざっくりと書いたものの、今回は saieというブランドとは?私が思う クリーンビューティーとは?なお話を少しと、久々セフォラで購入した SUNVISOR(日焼け止め)のレビューをしたいと思います。


まずはインスタ投稿をみてくださいまし👇




クリーンビューティとスキンミニマリズム



少し前にスキンミニマリズム(スキマリズム)とクリーンビューティーの関連性について思い当たるところがあって、インスタに思いのままに書きました。

(気ままにストーリーしたものがベースにあるのですが、ストーリーズでハッシュタグをミスっていたことに気づき、みたいな展開で投稿したんだった😂)

スキンミニマリズムとはなんだ?というと、単純にメイクもスキンケアもシンプル化!という事なんだけど、これの何が良いって要は頑張らなくていい事。つまりは手抜きでもあるし、自分が楽。ラク。しかも、自分の心や身体、環境やお財布にも優しめ。ゴミも減る。自分含め全方向に優しいよね!という事と私は理解してる。それに、スキンケアなんかは特に、手入れし過ぎが案外肌に悪い場合がある。敏感肌の私これ納得。沢山アレコレ塗ったりする行為はつまり、添加物などもタップリと肌に乗せることになる訳だし、添加物ででなくてもなにかしらの成分は肌にとって刺激に成り得る。そんな訳で、ローメンテナンス=保水・保湿だけの方が肌が綺麗だったかも?と実感しているのだ。(とはいえ、試したいという気持ちがあるのであれこれ使いたい!というジレンマ)

禅的発想でもあるけど、シンプルでミニマルが良い、混乱が少ない、これが豊かさに繋がったりはあると思う。
英語のことわざみたいなので有名な Less is more 「より少ない方がもっと(良い)」の哲学とも近い気がします。選択の科学という本では、人間はチョイスが多すぎると結局迷って何も選べなくなってしまう、というのがあって。選択の多さは確かに豊かさではあるものの、人を悩ませてしまうという。贅沢な悩みだよね。恵まれている。

それと、何も手を加えない、つまりは ありのままの自分でいられる=自己肯定的だったりではなかろうか。そもそも自分の普通がずれてきている事もある。コロナでメイクアップをほとんどしなくなった私は、昔と同じようなメイクをすると「う。。濃っ!!」となる。メイクって、、というか自分の事ってどうしても客観視しづらい。シミとか肌の色ムラとか、こんなの隠さなきゃ!とか、もっともっとピカピカな頬を輝かせねば!とか、どんどん「こうでなければ像」ができてしまい、目が(脳が)バグっていって、濃いメイクが普通になっていくような…。もちろん、濃いメイク=悪!という訳じゃなくて完全に個人の選択なんだけど、もしそれが「バグ」によるものであれば、私は気付きたい…し、メイクが薄くなってメイク時間短縮だったり、すっぴんでも恥ずかしくない!とか、楽=心地よさだったりもするしね、いい事はある。メイクとかコスメは依然として好きだが!


クリーンビューティーの関連は?なんですが、全方向に優しい、インクルーシブな所。かなと。自分の延長にあるような仕上がり=ありのままでいいんでよ~的な考えを後押ししてくれるアティチュード、そんな要素がクリーンビューティのコスメにはある気がします。し、実際仕上がりもそんな感じなので、”さりげなさ”にハマる人と、良さがわからん~て人に分かれるのかも!

クリーンビューティーというワード自体は海外コスメを買っている人の間では3年くらい前からおなじみだったと思うし、ばっくりとした概念も知られていると思う。有害な成分排除したクリーンフォーミュラ、ダイバーシティ&インクルージョン、アニマルライト、環境問題への取り組み、社会貢献などなど、きちんと対応していますよ~誠実ですよ~というアピール。顧客だけでなく、自社従業員の告発なんかも当たり前なソーシャルメディア全時代な今。こういう姿勢って大事ですよね。

10年台になってから特に、海外コスメではクルエルティフリー、ヴィーガン、ダイバーシティ&インクルージョンなど企業ポリシー含め消費者はコスメブランドの事を”支持するに値するクールなコスメブランドか?の”判定基準にしてきた気がする。そうなると、企業側も競合の中で自社がいかにイマドキで支持されやすいブランドポリシーを掲げているかをアピールし、実際いろいろ実行している風にみえるけれど(たまに事件が起こり、表面的じゃないか!みたいな事もあったり)クリーンビューティもその流れに乗った感は当然あると思います、マーケティングの手段なんだけど、でも中身がよければそれもいんじゃない?と思います個人的には。オーガニックコスメだって利益あげようとするから高価な訳ですし、赤字覚悟のビジネスってふつーにないよね。そういう意味では、消費者参加型的な最近のブランドの方がより良い気がします。

Saieってどんなブランド?

via : Saie istagram


長かったですがwやっとSaie の話をします😉

SaieはNYCのコスメブランド(私何故かfrom カリフォールニア🍑だと思っていた!幹部の人とかCA郊外でロハスな生活してたり、フードトラックでラテ配ったり、お花屋さんみたいな事したりの素敵なプロモーションが西海岸がされている事が多いイメージ!!)でクリーンビューティではなく、スーパークリーンビューティーと名乗っている!

2019年9月ブランドローンチ、2020年に1周年✨という投稿をインスタしていたsaie

この短期間でセフォラやカルトビューティーなどのグローバルなリテーラーでも取り扱いがされているとは本当に急伸ブランド!

最初に貼ったインスタ投稿の中にも書きましたが、ブランドを象徴するのがラベンダー(ライラック)x黒のロゴ
少し前にどこかでSaieに関する記事を読んでいた時に、このミレニアルラベンダーという表現がされていて(Saieの記事でされていた表現なので、この言葉がミレニアルピンクほどトレンドとは言い切れないけど!)現状の全プロダクトがこのデザインの箱に入っています。公式サイトもインスタもラベンダー(ライラック)を基調としたデザイン/投稿で紫好きとしてはたまらんです😍

商品ラインナップは今はまだメイクアップ用品のみ(あとポーチなどのマーチもアリ。トートとバッグとか普通に可愛いです)。とはいえ、着々とアイテムを増やし続け フルフェイス saie ができるくらいは揃っている。マスカラ、チーク、ブロンザー、リップグロス、ファンデ、ハイライト、下地、4アイブロウマスカラなどなど展開。意外とアイシャドウがないのが不思議ですが、これから絶対来るはず!期待!


Saie の読み方なんですが、日本人(カタカナ)的には”セイエ”と読みたくなってしまいますが、SAYと同じセイ。意味はフランス語で”Beautiful” と確か以前どっかの記事で読んだ気がするのですが、今探せず…(言葉自体は上記の意味であっていると思うUrban Dictionary にも書いてあったから←アーバンディクショナリー好きw)


フランス語がブランド名だとしても、アメリカのブランドでCEOはこちらのお方👇

CEOのLaney Crowellさん。西海岸とパリで育ったのちファッションエディターとしてニューヨークに移住。5年ほどエスティー・ローダーで役員をしたのち、ウェルネス系ブログを立ち上げ(現在は閉鎖した模様。読みたかった😓)今(Saie)という事らしいです。

「質が良くお洒落で、そこまで高くないクリーンビューティ」があまり市場にないことに疑問を持ち、ブログ読者コミュニティの意見を取り入れてブランド=Saieを作る事にしたんだそう!

ちなみに、エスティーローダーで働いていた彼女ですが、エスティーローダーは(というかどのコングロマリットも)クリーンビューティーをはじめとする若年層向けコスメブランドの買収にとても積極的です。ジオーディナリーのThe Diciem がエスティから出資を受けており、今後数年以内に全株取得される見込みだし、Too Faced も確か既に買収済だったはず。

Saieに関してはこの方がエスティ時代の人脈か、元同僚的な人やヘルス系のインフルエンサーを各ポストにつけ、始めたのだけれど、実はユニリーバのベンチャー投資会社とライフスタイルブランドGoopの代表でもありウェルネスグルとも言われる女優のグウィネス・パルトロウの出資を受けているそう!…というか、もともとSaieは Goopのオンラインサイト独占販売だった。

そんな訳で、あのグウィネスを納得させたクリーンビューティブランド!的な見出しで記事が出てたのを去年読んで、もう私はミニマルシークなパケにも胸キュンだったし、そばかすだらけの女性が大笑いしてるみたいなヘルシーでありのままで居る人を賛美してるような広告の雰囲気からしてイケてるな~と思っていたのです😍
これがその記事

How This Clean Beauty Brand Won Over Gwyneth Paltrow—and Became an Instant Cult Favorite



ちなみに!これインスタのポストにも書いたのですが、現在のクリーンビューティートレンドはそんなGoopが牽引したなんて言われたりもしますが、Goopってなんと日本語サイトあり!!(今知った)
しかもそこれクリーンビューティーに関する記事があるのでシェア👇

クリーンビューティって何?なぜ大切なの?


日本語サイトでは一部の記事とオンラインショップの取り扱いも僅か、、残念ながらSaieは扱っていない様ですがアパレルもあります。(結構かわいいな!と思った)


Goopはカルトビューティーでもスキンケアやキャンドルの取り扱いが一部あるので、買いやすいのはカルトかな~
実は最近Goopのヒマラヤンソルトのスクラブシャンプーを買ったので、またレビューします。



saie のクリーンフォーミュラ

CEOのインタビューでも、人体に有害な成分は全て排除したとうようなのを読んだのですが、サイトに成分についての記載があったのでここでちょろっと説明。

Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品レビューも!スーパークリーンフォーミュラとは?
https://saiehello.com/pages/ingredients

saieが絶対に使わない成分として成分名とそれは何か?と使わない理由、その代わりに使っているものを挙げています。
例えば以下のようなもの。

ブチルヒドロキシアニソール(BHA)
酸化防止効果のある成分で食品添加物としてコスメの防腐剤として使用されることが多いが発がん性があると言われている。

ケミカルサンスクリーン
オキシベンゾン、オクチノキサートは紫外線吸収剤で珊瑚に有害としてハワイなどの地域では持ち込み使用が禁止されている成分。

パラベン
一般的に保存料としてコスメを新鮮に保つために使用され、バクテリアの繁殖などを防ぐが、一方で人体で男性ホルモンのエストロゲンに似た動きをし、甲状腺異常やホルモン系の癌や病気を招くことがある。


こんな感じ、科学系の単語はなじみがない人の方が消費者には多いと思うし、こういったリストみたいなもので説明してくれると非常に安心ですね。



Saie SUNVISORをレビュー

Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品の化粧下地SUNVISORレビューも!

そんな訳で購入品レビューにいきます!

SUNVISOR サンバイザーとは、日よけ、、つまりは日焼け止めです。
SPF35のサンスクリーン+モイスチャライザーとあって、ライトウェイトなメイク下地にもなるよってアイテム。
だし、商品説明には以下のような素晴らしいコピーが!

「あなたのセラム、オイル、モイスチャライザー、サンスクリーンが全てひとつに!」

最高すぎん?し、やっぱりスキンミニマリズムにも繋がっている!

なので、Goopでは今も売り切れ out of stock だしセフォラでも売り切れが続いたアイテム。


成分について商品説明にあったもの。

Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品の化粧下地SUNVISORレビューも!
via: saie

キーイングリディエンツ

リコリス
日焼けによる肌の変色や色素沈着から肌を守りブライトニング成分

ヒアルロン酸
保水を持続させるためにプランプと保湿。

アロエベラ
保湿と抗炎症作用あり。抗酸化成分と酵素、ビタミンCとビタミンA



not ケミカルサンスクリーン、ジメチコン不使用、香料未使用




ちなみに、これとほぼ同じで黒いパケのが Slip Tintというティントモイスチャライザー。
要は薄づきシアーなファンデ。



とりあえず、今回はファンデではなく下地的サムシングを探していたし、ライラックのかわいいパケにも魅かれてSUNVISORをチョイス!(そんな事かよ!だけど、”美”はこころの栄養だからいのよ~)


一応すべてのスキンタイプに対応、けど敏感肌におすすめ!らしい。

Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品の化粧下地SUNVISORレビューも!

サイズ感。小ぶりです。
容量は30ml

Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品の化粧下地SUNVISORレビューも!

ブロードスペクトラムSPF35
シアーモイスチャライザー


Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品の化粧下地SUNVISORレビューも!

クリーンビューティブランドの特徴、、なのかは確かではないけど、最近の私が購入するプロダクト(ほぼクリーンビューティー)は必ず active ingredient(有効成分)の表示があります。


Zinc Oxide(15%) =酸化亜鉛 日焼け止めのために配合、いわゆる紫外線散乱剤というもの。金属アレルギーを持っている人はこの成分にアレルギー反応が出ることがあると言われていて、SPF入りの化粧下地、例えばMACのライトフルのプライマーとかまさにそうで、この成分が配合されていたりしますので要注意。


Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品の化粧下地SUNVISORレビューも!

使用期限の印字あり。箱にも同じ印字がありました。

通常、アメリカのコスメって容器の絵の中に〇Mとか書かれたものが開封から何か月までが使用期限ですよ~な表示方法が定番ですが、クリーンビューティーブランドは韓国コスメみたいにこういう風に印字されている事が多い。

これってもしかしたら透明性、、というか明瞭さ=顧客への誠意??それともやっぱり使用期限的な物をはっきりとすべき成分構成だからなんでしょうか?
とはいってもオーガニックコスメみたいに短命でもないので安心😉

Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品の化粧下地SUNVISORレビューも!

出してみると結構色ついている!とびっくり

Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品の化粧下地SUNVISORレビューも!


Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品の化粧下地SUNVISORレビューも!
Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品の化粧下地SUNVISORレビューも!

不思議なんだけど、ベージュぽい色かと思いきや、伸ばすとピンクぽい雰囲気。

Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品の化粧下地SUNVISORレビューも!

そして更にびっくり!伸ばすとほとんど色は無し!
光だけど塗りました~的なツヤ!

Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品の化粧下地SUNVISORレビューも!

特に乾燥し荒れた手だからなおさら塗った箇所と塗っていない箇所の差が!
しかも、ブラー効果?というか、手の毛穴とかもツルリンとした光で飛ばしてくれる。

Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品の化粧下地SUNVISORレビューも!

動画はインスタの投稿(3枚目、4枚目)のせたので、それを見て頂きたい!


Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品の化粧下地SUNVISORレビューも!

油ぽくない手触りで伸びも良く綺麗に顔に広がってくれます。
このあたりのテクスチャーは◎。

Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品の化粧下地SUNVISORレビューも!
Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品の化粧下地SUNVISORレビューも!


うっすらパープル~ピンクな感じはあるものの、ティント的な効果はほとんどなくって広げてしまえば色はでない。
ニュアンスと光。光も顔につけるとすごくさりげないし、dewyなスキンケア直後の肌を再現!というのが近い表現かもしれない。

不思議なのが手触り。dewyに見えるのにベタベタ感はなし。むしろサラサラという矛盾。スフレみたいな”ほわっと”と”さらっと”が共存している感じ!こんなの経験ない!と叫ぶほどのモノでは全くないんだけど、でもちょっと不思議だなぁってかんじ。

乾燥はしない。かといってこの点でも鼻息荒く「メイク落とした時の肌が乾燥していなくてビックリ!!」みたいなリポートできるほどの特別感はなし。刺激はなし。嬉しい限り。SPFモノにありがちな目に染みる問題、これもクリア。目に沁みません。


あ、あとね、マスクにつきづらい。これだけの場合マスクしてもほとんどつかない。不思議だよね。あんだけ液そのものにベージュ的な色はあるのに、ティッシュで擦っても色がつかないー。色素はどこへ?


まとめ:クリーンビューティー好きな人は買えばいい

Goopも認めたクリーンビューティSaie(セイ)について語る!購入品の化粧下地SUNVISORレビューも!


実も蓋もないまとめですがw
ブランドのイメージや理念にビビ!っと来る人は買えばいいかな!
こちらのサンバイザーに関しては決して値段も安くなく、仕上がりも感動する訳でもないけど持ってて嬉しいプロダクトと思っています。

先にも書いたけど、saieに限らずクリーンビューティーにありがちな、良くも悪くも「自分の延長感」な仕上がり、それを自分がメイクやコスメに求めているか?で評価が真っ二つに分かれるかなと強く思います。

メイクで変身したい!とか、ドラマティックな効果をお化粧品に求めるなら多分saieの仕上がりは「ナンダコレ?」となる事間違いなし。CTの女優フィルターみたいな、自分にないもの(雰囲気)をお化粧品で足したいわ!とかな人には全然物足りないと思うの。Glossierのバームドットコムだって人よっては「色付きワセリン」とか散々な言われようだったw例えばHuda Beautyみたいなギャルぽいフルグラムなメイクを好む人からしたら、やっぱりSaieとかGlossierとかはあまり合わないんだろうな、、と。全部好きという人も勿論いるとは思うが🤣


実際、今回こちらを購入する際に、色々saieのレビューやスウォッチを探して色々見たのだけど、Saieは評判が別れていた、、というか、悪い方が多かった。Redditみたいなところでインフルエンサーのポジショントークと違って野生の、リアルな口コミが多いかな?と思う場所ですが、そこでの口コミは散々な言われよう。そのほかに個人ブログやユーチューブでも悪いレビューが多いんですよね…😓

すごく印象的だったのが、saieはオーバーハイプ(過剰評価)で、値段に対して質は良くない!とか、そこまで評価されるに値しない、というもの。特にバームハイライターについてこの評価が多かった。それに対して、redditでもSaieが良くない!というスレッドにPR会社勤務の人が出てきて、コスメブランドのレビューはほとんどサクラで嘘ばっかりだから信じないように!と言っていたりw

Youtubeでもsaieについて悪い動画が多い。最悪でしたーみたいな動画とかサクサク出てくるw(インフルエンサーは他との差別化もしたいだろうし目立ちたくて言っている人もいるとは思うけど…)これはSaieに限らず、クリーンビューティー全体について、トレンドは売るためのマーケティング的な指摘内容も多いし(という動画を作っている人も結局自分の利益のために行動しているという点では、皆ビジネス、ということで同じなんですけどねと思ったりもしますが😂)
とはいえ、こういうのって個人の主義主張にもよるし、製品が気に入るかは使ってみないとわからない。


とはいえ、購入すること=ブランドをサポートすること、だったりする訳で、ブランドのポリシーやクリーンビューティーのコンセプトに共感し支持する、というのなら良いと思います。先に決して安くはない、と書きましたが最近思うのが、質が良いとか特に環境に優しいような製品ならすこしくらい高くてもいいかな、と。それによってどんどんその分野を盛り上げることができ、市場にそういう製品を増やすことでどんどん世の中がよくなればいいかな。と。

コレの他にグロウーィースーパーゲルというリキッド下地兼ハイライトも購入しているので試すのが楽しみ!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Category
Tags
YouTube