CeraVeヒーリング軟膏&ファイシャルローションPMをレビュー

投稿日: 作成者: Tres Chic
Home > Beauty > CeraVeヒーリング軟膏&ファイシャルローションPMをレビュー

CeraVeヒーリング軟膏&ファイシャルローションPMをレビュー

またアイハーブでCeraVe(セラヴィ)買ったよ😚

保湿力の高さとコスパの良さで、引き続き大人気な CeraVe(セラヴィ)ですが、アイハーブで、すっときになっていたフェイシャルモイスチャライジングローション (PM) とヒーリング軟膏を買ったら、とても良かったのでレビューします😘

インスタ ( @treschicnatsu ) もよろしく💕

セラヴィのアイテムは クリーム2種類と、今回紹介する2アイテム、そして、写真に写っていないけど洗顔ジェルを使用したけど、結論から言うとどれも全力で良い😆

モイスチャライジングクリームのレビュー記事はこちら

さて、さくっとれびゅーしていくよ~🙋‍♀️

ヒーリング軟膏

アイハーブで買える、セラヴィ(CeraVe)のヒーリング軟膏


まずはこちらのヒーリング軟膏。ヒーリング(治癒)なので、とにかく乾燥がはちゃめちゃで、セラヴィのクリームですらしみる😭という時があったりするので、そんな時に使用したく期待を持って購入。

モイスチャライジングクリーム(というかほとんどのセラヴィ商品)同様、複数のセラミド配合(メイン成分だもんね)で保湿に注したアイテムです。

結論から言うと、これめちゃくちゃ気に入った👏

軟膏というと、白色ワセリンとかぱっと浮かぶと思うし、皮膚科で貰う事があるんだけど、正直、ベタベタなテクスチャーが使いづらくてあまり好きじゃなかったの😭

こちらも軟膏で、べたつくのはベタつくんだけど(パケにデカデカと “べたつかない” とか書いてあるんだが、べたつくよ😂)
それでも、他の軟膏よりも使用感の”ベター”な所と、なにより使用後のお肌がしっとりするところ!

通常の軟膏の場合、肌の上にピトっと乗っていてくれるけどそれ以上の、蓋的役割以上の事は何もしませ~~ん😚みたいな、コッチもそこまで期待していないですけど😒みたいな、事だと思うんだけど、このセラヴィヒーリング軟膏はまさに、肌の上に居るだけじゃなくて、ヒーリングしてくれるって感じ。


アイハーブで買える、セラヴィ(CeraVe)のヒーリング軟膏

使用方法は 外用のみに適量を

症状が悪化したり、1週間使用しても良くならない場合は使用中断し、医師に相談 など。

以下の箇所には使用不可

✔ 深い切り傷・刺し傷
✔ 動物に噛まれた箇所
✔ 重度のやけど


アイハーブで買える、セラヴィ(CeraVe)のヒーリング軟膏

ザラザラした見た目。

アイハーブで買える、セラヴィ(CeraVe)のヒーリング軟膏

のばしても何故かザラザラしています。これってもしかしたら、キャップ周辺にあったのは、乾燥で固くなったのが混ざったのでは?という気がしなくもない😂

アイハーブで買える、セラヴィ(CeraVe)のヒーリング軟膏


伸ばすと透明でテカテカに。
顔に厚塗りするとやはり、テカテカ感が増して、もっと言うならちょっとヌラっとした感じになるんだけど、意外と使用感は悪くないよ😘

軟膏って顔に塗るとびたっとラミネートされたみたいな、気分的に毛穴が息苦しいような気がしたりするけど、不思議とセラヴィのヒーリング軟膏はそれが無くって、肌が呼吸しているような感じがある(あくまで私の感覚ですが)

さすがにお化粧の前段階で、これを使用すると、盛大にヨレたりめちゃくちゃになりそうなので主に夜のケアとして、就寝前に顔をヌラヌラにして寝ているんだけど、朝にはパックしたお肌みたいにつるつるぴかぴかに😍

私はこのヌラテカっとした艶が結構好きで、もしかしたら、バーム系ハイライトみたいな使い方でメイクの上にオンするのもありかも🤩なんて思った!
あと、もちのろん、リップにも使えます。
ラノリップスも軟膏だしね。

難点は、軟膏系の宿命、擦れに弱いので、寝具や布系にくっつきがち!というか、むしろ吸い取られ、お肌から持っていかれるのが嫌だよね。

それと、インスタ投稿にも書いたけど、固い!特に初回使用時は出てこない!

アイハーブで買える、セラヴィ(CeraVe)のヒーリング軟膏

このキャプからなかなか出てこなくて困った😂

あとはデカイ!これは嬉しい悲鳴…なのか?これの半分、いや、1/3 の量で、お値段もそれに合わせてくれたらいいのになぁと思う!


とはいえ、難点なんて気にならないほど好き強め。

花粉シーズンでアレルギーでお肌がカサカサなった際も、これが活躍するはず!!!

痒みを止めたい!時は赤いラベルのこちらを推しますが、乾燥などで、お肌が敏感いなっている時は軟膏を使う。



フェイシャルモイスチャライジングローションPM

アイハーブで買える、セラヴィ(CeraVe)のフェイシャルモイスチャライジングローションPM

モイスチャライジングクリームは顔に使える?と聞かれたら、『 ぶっちゃけ全然使える!むしろ顔にいいよ! 』 と大声早口で言いたいんだけど、マルチクリームであんなに良いのなら、顔用はどんだけいい訳!?と、なぜか怒り口調で思ったので買ってみました。

アイハーブで買える、セラヴィ(CeraVe)のフェイシャルモイスチャライジングローションPM


顔用ローションはAMとPMの2種類があって、日焼け止め効果があるAM、保湿に特化したPMがあります。

AMはUVカット機能が備わっているゆえの、使用感の悪さ問題などの口コミをちらほら見かけたりで、日焼け止めは別で塗ればいいや~と思ったのでこちらを購入。

日本では、化粧下地にSPF入りのモノは沢山あるけれど、こういったモイスチャライザー、スキンケア商品にSPF入りのものって少ないと思います。
特に南国ぽい気候で、朝から日差しがガンガン窓から入ってくるような気候の場合は、こういったアイテムが重宝するのだとか!

日本でも、カーテン突き破って日差しが入ってくるような土地や家に住んでいる場合は、カーテン買う以外に、こういったケアを徹底するのが良さそうだよね

アイハーブで買える、セラヴィ(CeraVe)のフェイシャルモイスチャライジングローションPM

MVEデリバリー(保湿成分のタイムリリース的な特許技術?)、ノンコメドじぇにく(毛穴つまりしにくい)、ナイアシンアミド(お肌を鎮静化)、香料無使用

アイハーブで買える、セラヴィ(CeraVe)のフェイシャルモイスチャライジングローションPM

ポンプをクルっと横にひねる事で ロック・ポンプ可 の状態にすることが可能。
個人的に、ミスト化粧水などにありがちな 、ちっちゃい透明キャップって、自宅使いにはほとんど不要で捨てたりしていたので、このデザインはありがたいです。

アイハーブで買える、セラヴィ(CeraVe)のフェイシャルモイスチャライジングローションPM

ただ、出が悪い… これ5-6プッシュしてこんな量って感じで。

アイハーブで買える、セラヴィ(CeraVe)のフェイシャルモイスチャライジングローションPM

伸びが良い!し、水分を多く含んでいる感じ!

アイハーブで買える、セラヴィ(CeraVe)のフェイシャルモイスチャライジングローションPMとモイスチャライジングクリームと痒み軽減のクリーム


これねー、口コミされているの見ると、人によって意見が全然違う方向にわかれるな!と思った。

どういうこ事かと言いますと、

『モイスチャライジングクリームより潤います!💁‍♀️』
というレビューする人と、

『モイスチャライジングクリームの方が保湿力が高いです🙋‍♀️』
という全く正反対の意見が飛び交わされている感じ。


個人的にはローションなので、油分的な保湿力は同量塗布の場合、クリームに比べて落ちるかなと思うけど、水分含有量がローションのが多く伸びの良さがあるし、それゆえに量を沢山塗ると、ローションに入ったセラミドとかの成分が沢山お肌に乗るわけで、それはそれで保湿されるのかしら!と思った。

あとは、やっぱ肌質によっては、クリームが重いと感じる人がいると思うので、そこでお好みがあるのかなと思います。




アイハーブで買える、セラヴィ(CeraVe)のフェイシャルモイスチャライジングローションPMとモイスチャライジングクリームと痒み軽減のクリーム

テクスチャー比較。
ローションが一番ゆるい!色も薄く見えるね。

ローションと言っても、アメリカのものは、日本の乳液的なゆるさではなく、クリーム寄りなものが多くて、使い方もローションだけ塗って終わり!みたいな事も多い気がする。

まとめ


ヒーリング軟膏はお肌がとても乾燥肌だったり、今の時期に花粉症など、アレルギーでお肌コンディションにゆらぎが起こりやすい人におすすめ。
ワセリン + α という感じもするし。
あと個人的には、これだけ大容量だったら、マッサージにも使うのおすすめ🤩

フェイシャルモイスチャライジングローションについては、個人的にはクリームで満足している人にはコスパ的にも不要かもしれない。
クリームがべたつくな、とか、重いなと思っている人には向いているかも!
メイク前はローションで、夜はクリーム、という使い方もありだと思う!



アイハーブのクーポンコード


アイハーブでお買い物する方はこちらから。あるいは、

NIW526


をお使いいただくと 5%オフ になりますのでよかったらどうぞ。
(私にもリワードあります!)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Category
Tags
YouTube