韓国コスメ!LA MUSEのクッションファンデ2種類レビュー

投稿日: 作成者: Tres Chic
Home > Beauty > 韓国コスメ!LA MUSEのクッションファンデ2種類レビュー

韓国コスメ!LA MUSEのクッションファンデ2種類レビュー

クッションファンデにはまっていろいろなブランドを調べて試していた時に、LA MUSE(ラミュゼ)を知りました。

なんとも女子な雰囲気のブランドイメージに魅かれて、またそれだけじゃない本格派な内容に魅かれて、試さずにいられずクッションを購入しました。

ちなみにLa Muse とはフランス語で”女神”。

ファッションやアートなど、芸術面でクリエイターにインスピレーションを与える人物(主に女性)をミューズと呼んだりしますよね。

今回はLA MUSE(ラ・ミューズ)のクッション2種類をレビューします。

Correct Care Complete CC Cushion (コレクトケアコンプリートCCクッション)


”クッションひとつで完成する
紫外線遮断
潤い供給
上品でナチュラルなツヤ”

•日焼け止め効果(SPF50+ PA+++)
•クーリング効果で刺激を受けたお肌を鎮静化
•豊富な水分を含み、即時に肌を潤わせながら自然な艶を与えます
•まるで羽のような軽さで肌に密着しながら薄い膜でカバー

主成分
ナイアシンアミド(美白機能成分)
アデノシン(シワ改善機能)
アラントイン(肌バリア強化・保湿力UP)
ヒアルロン酸(保水膜を作る天然保湿因子)
ウィッチヘーゼルエキス(肌抵抗力UP・鎮静作用)
桑の根内皮(くすみケア・トーンアップ)
インディアングースベリー(肌トーンアップ・活力与える)


なんと見た目が可愛いだけでなく、成分もしっかりしていて本格派な感じ!

実際顔につけた感想は、ツヤがでてとてもナチュラルです。

クッションファンデにありがちな白浮きもなく、 うす付きゆえなのか ヨレたりもしないです。

カバー力はないので、シミやクマはあまり隠れませんが、逆にそれが自然で肌が綺麗な人みたいな風に見せてくれます。

肌のアラを隠そうとカバー力高いファンデやコンシーラー、コントロールカラーを使いすぎて、肌は綺麗だけど厚塗りでのっぺり平坦。なんだか老けている!?なんてことってありませんか?

多少のアラは見えても、素肌感は大事だと思います。

そして高い日焼け止め効果も◎

実は私こちらは1個使い切り、2個目リピート中なんです。とても気に入っています!



created by Rinker


続いてはティファニーブルーが素敵なこちら。

LA MUSE SILK FIT BB CUSHION #21



”メイク中にもリラックスできる肌。
一日中崩れず、ロングラスティング。
軽いシルクフィットカバーでなめらかな密着”

・日焼け止め効果(SPF50+ PA+++)
・シルキーなテクスチャーで軽い付け心地と密着感
・豊かな水分補給と皮脂ケアでしっとりフレッシュな光彩肌に
・暑さによる汗や油分にも負けないロングラスティング


主成分
チタニウムオキサイド(密着度アップ)
アロエベラ葉エキス(クーリング効果)
牛乳タンパクエキス(肌の保湿効果)
真珠エキス(弾力アップ)
シカエキス(お肌に活力)
バージニアマンサクエキス(お肌の熱を鎮静)
ティートゥリー葉エキス(毛穴ケア)
ラベンダーオイル(肌キメ・弾力アップ)

カバー力があるけれど軽い付け心地で崩れない、さらには紫外線対策、美・しわ対ケアの美容成分まで配合のシルクフィットな夏用クッション。

夏の汗や油に負けない!的なコンセプトなのでどちらかというと油脂肌の方向けみたいです。

カラーは21号と22号の2色展開。

公式サイトでは、ざっくり言うとしっかり見せたい時は21号、ラフに見せたい時は2号と紹介されていて、更にはベースは22号、Tゾーンや目回りにハイライト的に21号、というやり方も紹介されていました。

私が購入したのは明るいほうの21号ということもあってか、やや色が白っぽく出てしまいます。

そして、カバー力があるためか専用のパフで塗ると目のキワや小鼻などに塗り残しが目立つ。。。ここはちょっとマイナスポントですがクッションは仕方ないかも。

この商品の推しポイントであるモチの点では、触らなければヨレることはなかったです(あたりまえ?笑)

カバー力があるのにツヤがでるという面ではとても良いのですが、塗りすぎるとやや粉っぽくみえるというか、キメまでファンデが入り込んで厚塗り感がでてしまうので注意すべきところです。

スウォッチ

並べると違いがよくわかります。


両方とも同じ量を塗ったのですが、BBのほうが厚くでるのがわかりますね。


まとめ

どちらも良かったのですが、個人的にはピンクのCCが好きです。ブルーのBBはコンシーラー的に使おうかなと思っています。

ブルー(BB)は、夏・油脂肌向きということもあって、実際汗ばむ季節の夏場に使ってみると感じ方が違うかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Category
Tags
YouTube