リピートしている香水

投稿日: 作成者: Tres Chic
Home > Beauty > リピートしている香水

今まで流行のものとそうでないものも含め、様々な香水を使ってきました。現在手持ちのものはリピートしているものだけ。それだけ愛着があるという事で、そんな香水たちを今回は紹介します!


Annick Goutal -Petite Cherie(アニック・グタール/プチ・シェリー)


パッケージデザインがシンプルなものに変わってしまったアニック・グタール。私が持っているのは旧パッケージですが、私はこちらの方が好きです。100ml 2万越えの比較的高級フレグランスであるものの、根強い人気なのも納得な名品。誰もが良い香りと思う香りと言えばクロエのフレグランスがありますが、こちらも同じく誰にも好かれる良い香りだと思っています。(あまりに良い香りなので「何使ってる?」って聞かれちゃうかも)洋梨、桃がフルーティで、シャンプーしたてのような清潔感と爽やかさも感じさせつつ、ムスクの妖艶な香り立ちで周囲をうっとりさせてしまう、自分でもうっとり、、、そんな香り。さっぱり系ではあるものの香りたちは強め。前、この香りをムンムンに放ってた女性がいて、いつも香水きついな、、と感じてはいたものの、そう思っても不思議と不愉快ではなかったです。後からこの香りか!と気づいて、私は使用量とつける場所に気をつけています。大人気も納得の年齢選ばないのに、可憐さ&セクシーさを併せ持った最強パフューム。前述の通りお値段は少ししますが、香りたちが強いので少量の使用で済みコスパ良いかなと思います。ああ、好き。

created by Rinker


Lancom -Trezor (ランコム/トレゾア)


ランコムの歴史あるパフュームでもはやクラシックになりつつある名品。広告も大女優がやっているイメージがあります。大人っぽいいかにも香水!という華やかな香り。ピーチ、アプリコット、ローズとフルーティな香りの中に重厚なバニラの香り、そしてサンダルウッドやムスクがエキゾチックに香ります。個人的にはこの色味のイメージと厚い香りの層から高級なブランデーみたいな奥深さを感じます。夏には甘い&重いですが、冬にニットやコートからふわっと香ったらいい女な香り。何本リピートしたか記憶がないくらいですが、現在はプチシェリーをメインに膝裏にちょんと軽く重ね付けする程度の使用なのでミニサイズを使っています。でもたまにこれの匂いを嗅ぎたくなる時があります! 名品ゆえ姉妹品もいくつかあります。夏場にはこれよりライトな姉妹品トレゾア・イン・ラブをどうぞ。

created by Rinker
created by Rinker


Guerlan -Insolence (ゲラン/アンソレンス)


スミレの香りが好きで、いくつかスミレの香りのパフュームを試して行きついたのがこちらです。スミレの他にアイリス、ベリーで結構パウダリーな香りです。ダウニーの香りにも似てるような気がしなくもない。(ダウニーもスミレですもんね)ゲランの香水の中では若い子もイケる部類かもですが、それでもマダムな香り&好き嫌い分かれる系の香りかなと思います。 以前は宇宙的なコロンと丸い容器だったのですがリニューアルし、 ゲランのいくつかの香水は統一されこのすりガラスにやたらと蜂がへばりついている(笑)柄の容器になりました。 香水の魅力はボトルにもあり。 いかにもおフランス的な高級感があって、置いてある姿も美しい。好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Category
Tags
YouTube